INFO

第71回 NHK 紅白歌合戦「今こそ歌おう みんなでエール」特別企画 GReeeeNの紅白初出場が決定!

UPDATE2020.11.16

今こそ歌おう みんなでエール」をテーマに掲げる
第71回NHK紅白歌合戦に連続テレビ小説「エール」の主題歌を歌うGReeeeNの出場が決定しました!
 
戦争で傷ついた人々の心を音楽で勇気づけ、激動の時代を必死に生きた夫婦の絆を描いたドラマの主題歌「星影のエール」。
新型コロナウイルスの感染拡大で深刻な影響が出た今年、日本中に勇気と希望を与えてきたこの曲のスペシャルパフォーマンスを大晦日のNHKホールからGReeeeNがお届けします。
2007年のデビュー以来、姿を明かしてこなかったGReeeeN。
今年の8月に放送した「ライブ・エール」ではARを駆使した映像演出で大いに話題になったが2020年を締めくくる大舞台、無観客のNHKホールで果たしてどのようなパフォーマンスを見せてくれるのか!?

 〈第71回 NHK 紅白歌合戦 番組ウェブサイト〉
https://www.nhk.or.jp/kouhaku/
 
GReeeeNからのメッセージ
こんにちはGReeeeNと申します。
歴史ある紅白歌合戦に出演させて頂けて、嬉しい気持ちでいっぱいです。
今年は本当に大変な一年となりましたが、「星影のエール」という曲で皆さんが毎朝、
少しでも安らぎを感じてもらうことができていたなら嬉しく思います。
また、来年は東日本大震災から10年を迎え、福島で結成したボクたちとしてはこのような年の紅白に出演できることを感慨深く思っております。
来年はこの長い夜が明けて、美しい朝が迎えられるようにボクたちは音楽でエールを届けていきたいと思います。
 
GReeeeNプロフィール
HIDE、navi、92、SOHの男性4人組、福島県で結成されたボーカルグループ。
2007年1月24日シングル『道』でメジャーデビュー。
メンバー全員が歯科医師免許を持ち、医療との両立のため顔を伏せて活動中。
『愛唄』『キセキ』『遥か』『オレンジ』等、デビュー以来数々のヒット曲を生み出す。『キセキ』は今も日本国内においてもっとも多くダウンロード販売されたシングルとしてギネス記録を持っている。
また、楽曲だけでなく、GReeeeNを題材にした書籍「それってキセキ〜GReeeeNの物語〜」(著・小松成美)や、映画『キセキ -あの日のソビト-』(松坂桃李・菅田将暉ダブル主演)の大ヒットによりその”生き方”にも注目が
集まっている。
デビュー10周年を迎えた2017年1月には、さいたまスーパーアリーナ公演「あっ、リーナ、ども。はじめまして。『クリビツテンギョウ!? ル~デル~デ♪』」を行い16,000人を動員するなど、ライブツアーも毎年、数万人規模の動員となっている。(2020年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため実施なし)2019年9月には初の海外公演となる中国・上海公演を開催し、盛況のうちに終了した。
2020年はNHK 連続テレビ小説「エール」の主題歌を担当している。